わたしたちについて About us

わたしたちの信仰

天にまします我らの父よ

 「主の祈り」は、主イエス・キリストご自身が、口授(くじゅ)により弟子たちに教えられた祈りです。以来、キリスト教会はこの「主の祈り」を大切にして唱えて来ました。
 「主の祈り」において、私たちは主イエスに出会い、主イエスと共に父なる神に祈るのです。主イエスの眼差しがいつも天の父なる神に注がれていたように、この祈りによって私たちの心も高く引き上げられます。自分自身がありのままになれる所、自分を回復する場所は、天の父なる神の前だけです。
 主イエスが父なる神に対して呼びかけた言葉(「アバ・父」)は、父親に対する親しみを込めた、私的な幼児語です。主イエスより前に、このように神に対して呼びかけた人は一人もありませんでした。本来、そのように呼ぶことなどあり得ない私たちを、十字架による救いの御業(みわざ)を通して、主イエスと共に「アバ・父」と呼ぶことができるものとしてくださったのです。
 聖書が教える祈りは、お題目でも業(行)でもなく、神の御子イエスの人格におおわれ、担われ、主イエスに包まれて初めて生まれて来る「命」に基づく、神への語りかけなのです。また、この「主の祈り」が、いつも「我ら」という言葉を用いているのは、主イエスにあって共に生きる兄弟姉妹(キリスト教会の信徒たち)に対する思いを忘れないためです。更には、まだ父なる神を知らないすべての隣人との連帯をも思い起こさせるためです。
 父なる神を信じて生きると言うことは、一人では成り立ちません。なぜなら、主イエスのみ心が、私たちを通してすべての人に向かっているからです。

次へ

使途信条

前任牧師 大江妙子氏 作成